乾燥撃退!男の保湿クリーム(顔)ならシー・オー・ビゲロウ「フェイシャルモイスチャライザー」

モイスチャライザー 美容

肌の乾燥に悩み、保湿してもすぐにカサカサになってしまうという人もいるでしょう。皮脂量が女性に比べて多いと言われる男性でも、乾燥肌の人はたくさんいます。

カサカサ肌を保湿し、角質まで潤いを浸透させて肌を滑らかに整えてくれるのが、シー・オー・ビゲロウの「フェイシャルモイスチャライザー」になります。

日常的に乾燥に悩む方から、秋・冬など乾燥しやすい季節の肌コンディションに悩む方に最適な化粧品なので、使い方と特徴を紹介します。

フェイシャルモイスチャライザーの使い方

手をくぼませて少量取る

モイスチャライザーと手

洗顔後、化粧水をつけたらモイスチャライザーで保湿していきます。コットンを使う女性もいますが、男性であれば手で保湿する人が大半になります。

まずはフェイシャルモイスチャライザーを少量手に取りましょう。

【覚えておきたいコスメ用語】

モイスチャライザー:乳液・クリームを指す、肌を保湿する化粧品のこと

両手に広げる

モイスチャライザーを広げた手

手に取ったら、両手に広げていきます。顔の面積の大きい部分から、手で包み込むように保湿していきます。

面積の大きい頬→おでこ→口周りの順番に保湿

モイスチャライザーと頬

頬の中央から外側に向けて、包むようにぬっていきます。

モイスチャライザーとおでこ

次に頬の次に面積の大きなおでこを保湿していきます。内側から外に向けてモイスチャライザーを広げていきます。

モイスチャライザーと口周り

おでこの次は口周りを保湿します。鼻はテカりやすいので、最後に少しだけ塗ると良いですね。口周りの流れから、首にかけて保湿することも可能です。

乾燥が目立つところに追加で保湿

モイスチャライザーと指

1回で完全に保湿ができない場合は、気になるか所や特に乾燥しやすい場所だけ追加でモイスチャライザーをつけるとよいです。指に少量取り、広げていきましょう。

モイスチャライザーと目尻

加齢とともに目尻にしわができやすくなるので、保湿してあげるのもよいです。

シー・オー・ビゲロウ「フェイシャルモイスチャライザー」

フェイシャルモイスチャライザー

商品名 フェイシャルモイスチャライザー
使用方法 手に取って顔全体になじませるように塗る
使用感 しっとりとしていて肌が潤う
効果 角質まで浸透し、肌を柔らかく滑らかにする
値段 フェイシャルモイスチャライザー:3,600円(税別)
内容量 フェイシャルモイスチャライザー:118ml
お勧めしたい人
  • 乾燥肌~普通肌の男性
  • 低刺激で肌になじみやすいモイスチャライザーを探している方
  • マシュマロのような柔らかい肌を手に入れたい方

体温で少し温められたモイスチャライザーが、肌になじんでいくのを体感できます。しっとりとしていて、刺激もなく敏感肌の男性でも利用できるでしょう。

フェイシャルモイスチャライザーは男女兼用のフェイスケア商品になります。皮脂量の少ない女性でも使えるので、保湿成分が優れているのです。

モイスチャライザーを肌になじませたら、手に肌が吸い付くくらいしっかりと保湿してあげるとより効果的です。

付けすぎてもテカってしまう原因になりますが、あとは寝るだけの夜などは2回くらい肌にモイスチャライザーをなじませて乾燥を防ぐことも大事です。

匂いも特になく、誰にでも親しみやすくなっています。シー・オー・ビゲロウのフェイシャルモイスチャライザーがあれば、保湿はバッチリでしょう。

フェイシャルモイスチャライザーとフェイスローションの違い

フェイシャルモイスチャライザーとフェイスローション

シー・オー・ビゲロウには、フェイシャルモイスチャライザーの他にもう1つ、フェイスローションがあります。

どちらも保湿商品となっているのですが、

  • フェイシャルモイスチャライザー:すべての肌タイプ
  • フェイスローション:ノーマル~オイリー肌

と区分けされています。

手の甲にのせたモイスチャライザーとローション

手の甲に出して比較してみたのですが、見た目や匂いには大きな差がありません。

実際に顔につけてみると、フェイシャルモイスチャライザーの方がしっとりとしていて、フェイスローションの方がさっぱりとした印象があります。

含まれる主な成分も異なります。

  • フェイシャルモイスチャライザー:アボカドオイル0.5%、カモミール0.3%配合
  • フェイスローション:カモミールエキス1.0%、パセリエキス1.0%配合

フェイシャルモイスチャライザーには、アボカドオイルが含まれていて、肌の老化を防ぎ、また肌の保湿・柔軟効果が見込めます。

一方で、フェイスローションにはパセリエキスが含まれ、炎症を抑えて、肌のキメを整える作用があります。

パセリエキス以外にも、ヒアルロン酸Naなど水分量を高めてくれる成分が含まれています。カモミールエキスも多く含まれ、肌を引き締める収れん効果も見込めます。

どちらも保湿効果が見込めますが、フェイスローションの方が保水寄りで収れん効果も大きいので脂性肌向け。乾燥に悩む方ならフェイシャルモイスチャライザーでしっかりと保湿しましょう。

覚えておきたいコスメ用語

収れん:毛穴を引き締めたり、発汗を抑制する作用

しっとりと保湿されモチモチした肌をキープ

フェイシャルモイスチャライザーは肌になじみやすいので、使った直後からモチモチした肌の感触を体感することができます。乾燥肌に悩む人は重ね塗りをしてもよいでしょう。

一般的に男性に比べると皮脂量の少ない女性も、シー・オー・ビゲロウのフェイシャルモイスチャライザーは使えます。

そのため、どの肌質の男性も使用対象にしていますが、オイリー肌の人には保湿力が高すぎるかもしれません。

しかし逆に言えば、乾燥肌に悩む男性はしっかりと保湿されるので向いています。ぜひ一度試しに使ってみてくださいね。

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

美男
平均:  
 0 レビュー