夏のメンズスキンケアはZIGENひとつで解決!テカリ・肌荒れ防止

夏のスキンケアグッズ 美容

気温が上がり暑くなる夏は、スキンケアの重要性が高まります。夏のスキンケアをおこたると、秋になってからくすみやしわなどになって、ダメージが表面化してきます。

夏に起こる肌問題とケアの仕方を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏の肌ダメージの原因と対処法

日焼け

夏は太陽の出ている時間が長くなるため、必然的に日に当たる時間が増えます。紫外線を浴びる量が増えて、肌も焼けてしまいます。

紫外線は皮膚がんの原因になると言われていますが、肌の老化を加速させる問題もあります。しわやシミなどの原因になるので、日焼け止めクリームなどでケアする必要があります。

若いうちは見た目への変化はほとんどないかもしれませんが、肌の老化を着実に加速させるので年を重ねるごとにしわやシミとなって見た目にあわられます。

20代や30代の方も必ず日焼け対策をするようにしましょう。また、夏に問題なくてもしわやシミというのは、日焼けしたひと月後などの秋になって表面化することが多いです。

その時は問題なくても将来のことを考えて、夏に外出の機会が多い方は紫外線への対策が必要になります。

UV(紫外線)ケアをする

紫外線ケアをする方法ですが、

  • 日焼け止めクリームを塗る
  • メンズメイクでカバーする

の2つの方法があります。日焼け止めクリームは紫外線対策に欠かせません。日が昇って沈むまで、紫外線は肌に降り注いでいます。肌の老化を進行させてしまいます。

勘違いしている人も多いですが、曇りの日でお日様が照っていないときや室内にいても紫外線は降り注いでいます。夏場は特に日照時間が長いので、日焼け止めは必須です。

また、メイクでカバーしている人もいます。紫外線を反射する成分の配合されたBBクリームを使ったり、粉のファンデーションをまぶすことで肌を守っています。

メンズメイクをしないという人は、日焼け止めを塗るとよいですね。

夏場になると気温が上がるので、熱を外に逃がす体温調節のため、汗を大量にかいてしまいます。臭いなどに目が活きがちですが、汗には少量ですが塩分が含まれていて、肌荒れの原因になります。

汗をかいて放置したり、そのままクーラーに当たったりすると汗は引きますが、肌の表面に汚れが溜まります。赤くなったり、かゆくなったりする可能性があるので、対策が必要です。

こまめにタオルでふく

汗をかいたら、シンプルにタオルでふきとりましょう。余裕があれば、軽く水で洗うのも良いですね。肌が強い人なら問題ないですが、敏感肌の人は汗でかゆくなったり、赤くなることが少なくありません。

タオルを常備してぬぐうようにするだけで、肌荒れ対策になります。また、仕事終わりなど家に帰ったらすぐにシャワーを浴びて汗を洗い流すとよいですね。

汗をかくと日焼け止めも洗い流されてしまいます。こまめに塗りなおすことを心がけましょう。

冷房

発汗も問題ですが、冷房で涼しすぎる環境もあまり肌によくありません。たとえば、寝るときに暑さからクーラーをつける人もたくさんいるでしょう。

寝ている間にクーラーの風が顔に当たっていたりすると、一気に肌の乾燥を加速させてしまいます。朝起きると、喉がカラカラで乾燥していたという経験をしたことがある人もいるはずです。

それと同じ現象が肌でも起きているのです。夏場の室内は逆に乾燥に気をつける必要があります。

部分的な保湿も欠かさない

夏はテカリやすいので、洗顔や化粧水などを使ったスキンケアをしない男性もよくいます。乾燥肌の人でも夏場は肌コンディションが良いという方もいます。

しかし、脂性肌の人以外はクーラーなどで顔の一部でも乾燥してしまっているということはよくあります。顔全体を保湿する必要はないのですが、部分的に化粧水や乳液を塗るのもありです。

乾燥している部分は季節に関係なく、保湿を心がけるようにしましょう。

メンズ化粧水の選び方

夏場のメンズ化粧水の選び方ですが、

  • 収れん効果
  • ジェルタイプ

がポイントになります。収れんとは毛穴の引き締め効果を指します。夏場は紫外線の影響で、顔の毛穴が開きやすくなります。

毛穴が開くそこから皮脂が分泌されて、テカリの原因になりますよね。毛穴が開くのを防ぐ収れん効果のあるメンズ化粧水を選びましょう。

また、夏場はクリームよりもジェルタイプの化粧品がおすすめです。オールインワンのフェイスジェルや化粧水の後に使うジェルのことです。

クリームに比べると油分が少ないため、肌に残る感覚は減ります。その分、水分量が多くべたつかないので肌になじみやすくて、毛穴が開きやすい夏場はテカりにくくなります。

【覚えておきたいコスメ用語】

収れん:毛穴を引き締めたり、発汗を抑制する作用

夏のスキンケアはZIGENで解消

実は夏場のスキンケア対策はすべてZIGENの3点セットで解決できます。どの洗顔料・化粧水・UVクリーム選べばよいか分からないという人は参考にしてみてください。

皮脂量の多い夏は「ZIGEN フェイスウォッシュ」

ZIGEN フェイスウォッシュ

商品名 ZIGEN フェイスウォッシュ
使用方法 1.5cmほど手に取って手のひらで泡立てて顔に塗り洗う
使用感 少しのメントール感でヒリヒリすることなくさっぱりとする
効果 肌の汚れ・テカリ・べたつきを洗い流す
値段 ※ZIGEN オールインワン フェイスジェルとセット販売
内容量 ZIGEN フェイスウォッシュ:100g
お勧めしたい人
  • 脂性肌・混合肌でテカリに悩んでいる方
  • マンナンスクラブで毛穴の汚れまで落としたい方
  • さっぱりとした洗顔を求めている方

フェイスウォッシュ

実際に少量を手に取ってみると、ジェル状でひんやりしています。

フェイスウォッシュの泡

手で泡立てると小さな泡ができるので、顔に軽く塗って洗い流します。

メンズブランドのフェイスウォッシュだったので、メントール感やヒリヒリしないか少し不安だったのですが、洗い上りはさっぱりとしていて低刺激で肌に優しいです。

洗顔料はいくつかありますが、チューブタイプなので洗浄力が高く、主にテカリが気になったり、ニキビ予防をしたかったりする脂性肌や混合肌の人に向いています。

夏場でテカりに悩んでいる普通肌の方も使うとよいでしょう。

POINT

マンナンスクラブ:コンニャクイモの原料のプルプルした成分。肌に優しく、皮脂や古い角質を吸着する働きを持つ

メンズ化粧水は「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

商品名 ZIGEN オールインワン フェイスジェル
使用方法 1cmほど手に取り、顔全体になじませる
使用感 ジェルで伸びやすく少量で顔全体に広がる
効果 化粧水・美容液・乳液・クリームの役割を1本で果たす
値段 ZIGEN オールインワン フェイスジェル:3,990円(税込)
ZIGEN オールインワン フェイスジェル×2:7,560円(税込)
ZIGEN オールインワン フェイスジェル&フェイスウォッシュ:5,660円(税込)
内容量 ZIGEN オールインワン フェイスジェル:100g
お勧めしたい人
  • オールインワン化粧品で時短で保湿したい方
  • さらさらしていてべたつかない化粧品を使いたい方
  • メンズ雑誌で話題のオールインワンジェルを使ってみたい方

フェイスジェル

手に取って顔になじませていくと思ったよりも伸びます。少量でも十分顔全体にいきわたるので、使い勝手はよいでしょう。また少し出し過ぎたら、そのまま首など顔周りに塗るのもOKです。

1本で化粧水・美容液・乳液・クリームの4役をこなす優れものが「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」になります。ZIGENイチオシの商品です。

化粧水⇒(美容液)⇒乳液⇒(クリーム)と保湿するのは、男性にとって面倒くさいですよね。1本で済めば、忙しい朝でもすぐに保湿できます。

また継続することが肌を整えるのに大切なので、楽なのはとても助かります。また、収れん効果も「ZIGEN オールインワン フェイスジェル」にはあります。

数多くの成分が含まれているのですが、その1つに「ハマメリス水」があります。ニキビ予防の製品に使われていることも多く、収れん作用のほかにも肌のキメを整える効果があります。

発汗を抑えてくれるので、夏場の肌のテカリが心配な人に最適なのです。フェイスジェルは単体販売以外にも×2個セット、フェイスウォッシュとのセットの購入も可能なので、ぜひ検討してみてください。

紫外線対策に「ZIGEN UVクリームジェル」

ZIGEN UVクリームジェル

商品名 ZIGEN UVクリームジェル
使用方法 1cmほど手に取り、顔全体に均等に伸ばしていく
使用感 液状で少量でも伸ばして使いやすい
効果 紫外線を跳ね返し、肌を守る
値段 ZIGEN UVクリームジェル:3,240円(税込)
ZIGEN UVクリームジェル×2:6,220円(税込)
ZIGEN オールインワン フェイスジェル&UV クリームジェル:6,870円(税込)
ZIGEN オールインワン フェイスジェル&フェイスウォッシュ&UV クリームジェル:8,580円(税込)
内容量 ZIGEN UVクリームジェル:50g
お勧めしたい人
  • 紫外線による肌の老化を防ぎたい方
  • 紫外線を防ぐと同時にテカリも防止したい方
  • 夜はクレンジングなしで簡単に落としたい方

UVクリームをつける前に、必ず保湿を欠かさず行いましょう。肌が乾燥した状態でUVクリームを塗ると、肌へのノリが悪くなり、白く悪目立ちしてしまいます。

UVクリーム

保湿が終わったら、顔の5点(頬×2・おでこ・鼻先・口周り)にUVクリームをのせていきます。

顔に塗ったUVクリーム

指で薄く伸ばしていきます。肌につけた感じとしては液状なので、伸ばして使いやすく、少量でも事足りました。

白くなりすぎないのもポイントで、さらさらしているので男性にとっても使いやすいものになっています。

「ZIGEN UVクリームジェル」はSPF21・PA++になります。SPFとPAは数字が高いほど、紫外線を防いでくれる効果が高まります。

しかし、その分肌への負担が大きかったり、日焼け止めの料金が高かったりします。何よりも日焼け止めは朝塗って終わりではありません。

汗で落ちたりしてしまうため、夏場は何回も塗りなおす必要があります。「ZIGEN UVクリームジェル」は数値と料金を考えると標準的です。

色合い・テカリ防止・白浮きしないなど、メンズ仕様になっているので日焼け止めを持っていない人は、「ZIGEN UVクリームジェル」を購入するとよいでしょう。

【覚えておきたいコスメ用語】

  • SPF:1〜50+まであり、肌の赤みや炎症を防ぐ指数。高いほど効果が高い
  • PA:+~++++まであり、肌の弾力や黒くなったりするのを防ぐ。指数高いほど効果が高い

年齢関係なく夏場はスキンケア必須

ZIGENのスキンケアセット

「若いから大丈夫!」と考えてスキンケアをしないと、いずれしわやシミなどのダメージとして肌に返ってきてしまいます。20代・30代の人もスキンケアを欠かさないようにしましょう。

簡単に夏に使いたい洗顔料・化粧水・UVクリームのポイントをまとめておきます。

洗顔料はチューブタイプの洗浄力が高いものを選びましょう。化粧水は毛穴を引き締めてテカリ防止になる収れん作用があり、油分の少ないジェルタイプのものがよいです。

UVクリームはなるべくSPFとPAの数値が高いものを選びましょう。ただ数値以上に、こまめに塗りなおすことが大切です。

ZIGENの製品は上記のポイントを満たしています。口コミの中には「ZIGENのスキンケアは高い!」という意見もありました。

確かによくあるメンズブランドの化粧水や洗顔料に比べると、1.5~2倍の料金になるのですが、単純に容量が2か月分だからです。

普通の化粧水や洗顔料は1か月で使い切るタイプが多いのですが、ZIGENの洗顔料と化粧水は個人差はあるものの2か月~3か月で1つ使うことを目安にしています。

大容量なので少し高くなっていると思うと納得ですよね。

今回紹介した「ZIGEN オールインワン フェイスジェル&フェイスウォッシュ&UV クリームジェル」の3点セットも下記のUVクリームページの一番下から購入できます。

ぜひZIGEN商品で夏の紫外線から肌を守って、シミやしわを防いでくださいね。