朝の洗顔が面倒なメンズ必見!拭き取り化粧水「スキントナー(ローズウォーター)」で時短ケア

スキントナー(ローズウォーター) 美容

スキントナー(ローズウォーター)は、肌の汚れを落とし、炎症を抑えて調子を整えてくれます。洗顔では落としきれない汚れをとるのが、拭き取り化粧水の役割です。

しかし、朝の時間がないときに拭き取り化粧水を洗顔代わりに使うことは可能です。拭き取り化粧水のスキントナー(ローズウォーター)はどの肌質の方でも使えます。

今回は男性には馴染みの薄い拭き取り化粧水の使い方と効果を紹介します。肌荒れや皮脂汚れに悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

拭き取り化粧水と化粧水の違いについては、下記の記事を参考にしてみてください。
↓↓↓

拭き取り化粧水

【メンズ】拭き取り化粧水と化粧水の違いとは?使い方と効果

7月 31, 2019

スキントナー(ローズウォーター)の使い方

コットンに適量取る

スキントナー(ローズウォーター)と手

スキントナーは洗顔後に使用します。コットンがスキントナーでひたひたになるくらい取ります。量が少ないと肌をこすり傷つけてしまう原因になるので、気持ち多めでコットンを濡らしましょう。

頬やおでこなどを優しくふく

スキントナー(ローズウォーター)と頬

頬をなでるようにコットンを当てていきます。全体をさらっとふき取り、特に皮脂がたまりやすいTゾーンや小鼻まわりを意識してふき取るとよいでしょう。

プラスして首回りに使うのもよいですね。アルコールが含まれているので、敏感肌の人だとヒリヒリすることがあるかもしれません。

使いすぎても肌を痛める原因になるので、敏感肌の人はさらっとふき取り、使用しましょう。

スキントナー(ローズウォーター)

スキントナー(ローズウォーター)

商品名 スキントナー(ローズウォーター)
使用方法 コットンに適量取り、顔をふく
使用感 メントール感があり、肌がさらさらする
効果 顔の皮脂汚れがとれ、肌のキメを整えてくれる
値段 スキントナー(ローズウォーター):2,800円(税別)
内容量 スキントナー(ローズウォーター):236ml
お勧めしたい人
  • 朝の洗顔が面倒な人
  • 日ごろからメイクをする男性
  • 化粧水の浸透を良くしたい方

スキントナー(ローズウォーター)は拭き取り化粧水なので、基本的には男性で使う人は少ないです。拭き取り化粧水は肌の汚れを取り除くものです。

アルコール成分が含まれているので、敏感肌の人だと使用後にヒリヒリしてしまう可能性があります。脂性肌の人であれば、意外と洗顔では落とし切れていない皮脂汚れを意識して取り除けるので向いています。

日ごろからメイクをする人はクレンジングと洗顔だけでは落ちていない肌の汚れを、スキントナーで落とすのはありです。

また、朝の洗顔代わりに使うのはよいでしょう。洗顔するときは、ヘアバンドをつけて、ぬるま湯で顔を洗って…など朝の忙しい時間には面倒なことが多いです。

洗顔は夜にするとして、朝はスキントナー→化粧水・乳液で保湿というのもありです。また、部分的に利用するのもよいですね。

Tゾーンだけふき取ったり、夏場で汗ばむときだけ使ったりするという人もいます。拭き取り化粧水と化粧水は別物です。

あくまで化粧水の浸透を助けるものになります。もしもスキントナーを利用するなら、その後化粧水も合わせて使うようにしましょう。

ローズウォーターとDr.Gハーバルの成分の違い

スキントナーDr.Gハーバルとローズウォーター

シー・オー・ビゲロウのスキントナーには2種類、ローズウォーターとDr.Gハーバルがあります。

ローズウォーターはすべての肌質の方に、Dr.Gハーバルは普通肌から脂性肌向けになっています。含まれている成分が異なります。ローズウォーターには主に、

  • ウィッチヘーゼル:収れん作用・抗菌効果
  • カモミール:炎症を抑える効果
  • カレンデュラ:修復作用・アンチエイジング効果

が含まれています。他にも、

  • カミツレ花エキス:収れん作用・抗菌効果
  • トウキンセンカ花エキス:消炎作用
  • ビターオレンジ果皮エキス:抗炎症効果

が含まれています。肌荒れを防止する効果とキメを整える効果が見込めます。

覚えておきたいコスメ用語

収れん:毛穴を引き締めたり、発汗を抑制する作用

一方で、Dr.Gハーバルにも、

  • ローズマリーエキス:収れん効果・消炎効果
  • ホソババレンギクエキス:保湿効果
  • オニサルビアエキス:乾燥を防ぐ
  • グアイアズレン:消炎効果
  • フェノキシエタノール:抗菌作用

など肌の炎症を抑える成分が多く含まれています。ローズウォーターもDr.Gハーバルも抗菌作用・消炎作用が含まれていて、大きな違いはありません。

また両方とも、拭き取り化粧水でよく使われる肌の汚れを落とすエタノール(エチルアルコール)が含まれています。

違いとして強いてあげるならば、脂性肌向けのDr.Gハーバルには、メントールが含まれています。メントールは肌に清涼感をもたらし、引き締める効果が見込めます。

皮脂分泌が多く、毛穴が開きやすい脂性肌の方には向いている一方で、敏感肌の方には少し刺激が強い可能性があります。

どちらも肌の汚れを落とすのに向いていますが、肌の引き締め効果や刺激の部分で少し差があるのが成分から分かります。

化粧水の浸透が悪くなったかも…という人に最適!

スキントナー(ローズウォーター)は皮脂の汚れが気になったり、化粧水の浸透が悪くなったかも…と思ったら使ってみましょう。

化粧水をつけてもベタベタしている場合は、洗顔では落とせていない皮脂の汚れが溜まっている可能性があります。角質まで浸透させるために、拭き取り化粧水を使うのはよいですね。

拭き取り化粧水を使うときは、洗顔と同じでゴシゴシこすってはいけません。また、手で肌につけるというよりは、コットンでふき取るようにして利用します。

保湿よりも汚れを落とすことに使います。夏場や汗をかいた後、脂性肌の人は特に皮脂量の分泌が多いので、スキントナー(ローズウォーター)で肌の調子を整えてくださいね。

口コミを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

美男
平均:  
 0 レビュー