埋没毛は放置で治る?出来てしまう原因と正しい処理方法を解説!

埋没毛 脱毛

カミソリやブラジリアンワックスなどの方法でムダ毛を処理しているとできてしまう埋没毛。

痛みこそないものの、見た目が悪いものなので早く治したいという人が多いでしょう。皮膚から黒い毛が透けて見えるのは嫌ですよね。

埋没毛ができてしまう原因や対処方法を解説していきます。

埋没毛とは?どうしてできるの?

埋没毛のメカニズム

埋没毛とはその名の通り、皮膚の下に毛が埋まってしまった状態のことを言います。埋もれ毛という表現をすることもあります。

基本的に埋没毛ができることによって、痛みやかゆみといった症状が出るということはありません。見た目が悪くなるだけです。

埋没毛ができる原因はムダ毛処理時に与える肌へのダメージにあります。

カミソリやブラジリアンワックスなどでムダ毛を処理した時、肌がダメージを受け傷ができたり、カサブタができたりすることで、毛穴がふさがります。

毛穴がふさがったまま皮膚の下で、毛が成長を続けることで埋没毛になります。場合によっては皮膚の下で数十センチも伸びることもあります。

埋没毛は放置で治る?

埋没毛を治す方法

埋没毛は基本的に放置していれば勝手に治ります。時間はかかりますが、ターンオーバー(新陳代謝)で埋もれていた毛が徐々に徐々に顔を出してきます。

あまりおすすめはできませんが、少し顔を出した毛であれば抜くこともできます。しかし抜くときは細心の注意が必要です。

うまく根元から抜けず、途中で切れたりした場合、再度毛が埋もれてしまうこともあります。

どうしても早く治したいとか、目立つ部位にあるからなんとかしたいという理由がなければ、埋没毛は完全に抜け落ちるまで放置しておくのが一番のおすすめです。

無理やり抜くのは絶対ダメ!

埋没毛のNG行動

まだ毛先も出てきていない埋没毛をなんとかしたいからとほじくりだして、無理やり抜くのは絶対に止めましょう。

皮膚が傷ついてニキビができたり、細菌が入って毛嚢炎(もうのうえん)などの細菌感染症になる恐れがあります。

炎症がひどいと手術が必要になるケースまであります。また、それだけではありません。今後埋没毛ができやすい肌にもなってしまいます。

ピンセットなどで肌が傷つくと、肌を守ろうと余計に角質が厚くなっていきます。角質が厚くなれば毛穴も当然ふさがりやすくなるので埋没毛ができやすくなってしまうんです。

無理やり抜くという対処法にはデメリットが多すぎます。

埋没毛を早く治したいならスクラブやピーリングをしよう

スクラブ洗顔とピーリング

埋没毛を早く治したいならスクラブやピーリングがおすすめです。スクラブとは小さな粒(研磨剤)の入ったクリームのことで、肌表面の角質や汚れを削ることができます。

ピーリングジェルは弱い酸によって、角質を溶かしターンオーバー(新陳代謝)を促すことができる化粧品です。

スクラブは肌表面を削る。ピーリングは溶かす。どちらも肌への負担は大きいからやりすぎはダメです。

しかし、スクラブやピーリングによって、肌表面の角質を薄くしていけば、それだけ埋没毛が顔を出すまでの期間も当然短くなります。

埋没毛が気になる部位に週に数回使いましょう。塗って軽くこすり洗い流すだけです。ただし肌への負担が大きい方法なので、毎日やったりするのはやめましょう。

ピーリングは何を使えばいい?

WHITH

ピーリングをするならフィスホワイトがおすすめです。顔、ボディと全身に使用することができて、値段も2,000円と比較的安めです。

スクラブのおすすめは?

星野家の塩

スクラブをするのなら星野家の塩(ボディスクラブ)がおすすめです。

角質をとるのにはぴったりで、量も950グラムと非常に多いです。アマゾンのレビューも高評価で、76件のレビューがありますが、70%以上が★5評価です。

多くても3日に1回くらいにしとくとよいです。スクラブやピーリングは埋没毛だけではなく、シミやくすみ、毛穴の黒ずみにも高い効果があります。

肌のケアにはとてもおすすめなのでぜひ試してみてください。埋没毛以外にも効くのは大きいメリットです。

埋没毛になりたくないなら肌への負担が少ない処理方法を

脱毛器具

埋没毛ができてしまう原因や対処法を紹介しましたが、カミソリやブラジリアンワックスなどの肌への負担の大きい処理方法を続けていれば、埋没毛には何度でもなります。

根本から解決したいのであれば、カミソリなどを使うのはやめて、肌への負担が少ない方法でムダ毛を処理しましょう。

例えば、電動シェーバーや除毛クリームです。これらの方法でムダ毛を処理すれば、埋没毛ができる可能性は格段に低くなります。

電動シェーバーはカミソリとは違って、刃が直接肌に当たることはありません。そのため肌へのダメージほとんどありません。

電動シェーバーは肌への負担が少ないけど、ムダ毛を根元まで綺麗に処理することができないのがデメリットです。

除毛クリームはタンパク質を溶かす成分のチオグリコール酸カルシウムが含まれているため、塗るだけでムダ毛を溶かし処理することができます。

肌への負担はゼロではありませんが、埋没毛になるリスクはカミソリやブラジリアンワックスほどではありません。値段も安いものであれば1,000円程度から購入することができます。

ドラッグストアやスーパーで購入することもできますし、除毛効果の高いクリームを使用すれば、男性の剛毛でも問題なくツルツルにすることができます。

おすすめの除毛クリームはミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム

ミュゼ除毛クリーム

効果が高く、肌への負担の少ない除毛クリームです。値段も安めです。

実際に使った記事はこちら
↓↓↓

ミュゼ除毛クリームの効果

【口コミ】ミュゼコスメ除毛クリームの効果とは?VIOや脇にも使えるの?

9月 30, 2019

まとめ

埋没毛のない肌

今回の記事では埋没毛ができる原因や正しい処理方法を解説しました。

  • 埋没毛になる原因は負担の大きいムダ毛の処理方法
  • 埋没毛は放置で治る。無理やり抜くのは絶対ダメ。
  • 早く治したいのならスクラブやピーリング
  • 埋没毛になりたくないのなら肌への負担の少ない処理方法でムダ毛を処理する

埋没毛については以上が非常に重要です。

ムダ毛の処理方法としては、カミソリやブラジリアンワックスよりも除毛クリームがおすすめです。埋没毛になる可能性が非常に低い処理方法です。

コスパもよく、塗って洗い流すだけなので簡単なのもメリットです。埋没毛に悩んでいる人は是非試してみてください。正しい方法で埋没毛とはおさらばしましょう。