チオグリコール酸カルシウムってどんな効果があるの?危険性は?

チオグリコール酸カルシウム 脱毛

除毛クリームや美容院で使われるパーマ液によく含まれているチオグリコール酸カルシウム。

名前は聞いたことあるけど、実際どんな成分なのか、どんな効果があるのかは知らない人が多いのではないでしょうか?

この記事ではチオグリコール酸カルシウムの効果や危険性などを解説していきます。

チオグリコール酸カルシウムってどんな成分?効果は?

チオグリコール酸カルシウムの成分

チオグリコール酸カルシウムは別名メルカプト酢酸とも言われるアルカリ性の成分です。

毛の主成分であるケラチン(タンパク質)を分解する働きがあります。多少の刺激臭はありますが、他の成分でカバーしやすいので多くの商品で使われています。

チオグリコール酸カルシウムが多く含まれれる除毛クリームは、このタンパク質を分解する性質を利用した商品のため、塗っただけでムダ毛を溶かし処理することができます。

除毛クリームや脱毛クリームといわれる商品には必ずこの成分が含まれています。ただ、タンパク質を分解する効果は一時的なものです。

なのでチオグリコール酸カルシウムが入った商品で、永久脱毛をすることはできません。

たまにチオグリコール酸カルシウムが主成分の商品で永久脱毛ができると記載している悪質な広告やWebサイトもあるから注意してくださいね。

美容院などでパーマをかける時に使われる液体にも使われていたりします。

チオグリコール酸カルシウムの危険性について。毒性や副作用はない?

チオグリコール酸カルシウムの危険性

チオグリコール酸カルシウムは使い方さえ守っていれば、それほど危険性はありません。厚生労働省にも認められている毒性のない成分です。

安全性は非常に高い成分です。しかし人によって合う・合わないはあり、合わない人は多少の副作用が出ることがあります。

さきほど紹介しましたが、チオグリコール酸カルシウムの効果はタンパク質を溶かすというものです。

毛だけではなく、爪や肌表面の角質の一部もタンパク質です。そのため肌や爪に長時間この成分が入った商品が付いていれば、タンパク質が分解され、かゆみやヒリヒリ感が出ます。

ただそれほど刺激が強い成分ではないので、症状がそこまでひどくなることはありません。病院に行かなければならないほど悪化することはごくまれです。

誤った使い方をしなければ、安全な成分なのです。

チオグリコール酸カルシウムが入った商品を使うときの注意点

チオグリコール酸カルシウムの注意点

チオグリコール酸カルシウムが入っている除毛クリームやパーマ液を使い際の注意点を解説していきます。

目には絶対入らないようにする

チオグリコール酸カルシウムが入った商品は、絶対に目などの粘膜には入らないようにしましょう。

ヒリヒリしたり充血するだけではなく、最悪失明する恐れもあります。顔近くに使う場合は十分注意し、目に入ってしまった場合は良く洗ってすぐに眼科に行きましょう。

目とかはホントに危険だから注意してください。

爪には付かないようにする

除毛クリームなどは塗るときに爪には付かないようにしましょう。爪もタンパク質でできているため分解されます。

数分付いているだけなら大丈夫ですが、長時間付いていると表面がガサガサになってしまいます。特に女性はマニキュアやペディキュアをすると思うので注意しましょう。

傷口や虫刺され部分にはつけない

除毛クリームなどは傷口や虫に刺された部分にはつかないようにしましょう。ヒリヒリして痛いだけではなく、悪化することもあります。

カサブタになってきてる部分とかにも使わないほうがいいですよ。

長時間肌に付いたままにしない

除毛クリームやパーマ液を使うときは、必ず取扱説明書をよく読み記載どおりの時間を守りましょう。

除毛クリームもパーマ液も毛につけてから、放置する時間があると思いますが、長すぎると当然肌トラブルのリスクが高くなります。

肌トラブルを起こしたくないなら、必ず時間を説明書どおりにしましょう。肌がもともと弱いという人は説明書記載の時間よりも短めにするぐらいがちょうどいいかもしれません。

ヒリヒリしたり、かゆくなってきちゃったらすぐに洗い流したほうがいいよ。

アフターケアをする

除毛クリームなどを使った後の肌は荒れやすくなっています。必ずアフターケアをしましょう。

ケアに使用する保湿クリームやローションはアルカリ性のものよりも、弱酸性のものがおすすめです。ヒリヒリしたりすることもなく、肌の水分を保ってくれます。

なければもちろん普段使っているものでもかまいません。ケアをしっかりしないと、肌トラブルのもとになります。

チオグリコール酸カルシウムが入った商品の選び方

チオグリコール酸カルシウム商品の選び方

除毛クリームなどチオグリコール酸カルシウムが入った商品を使用するときは、保湿成分が多く含まれているものを選びましょう。

保湿成分として多くあげられるはアロエエキスや大豆エキス、ヒアルロン酸です。これらのような肌を守ってくれる成分が多く入った商品を選べば、肌トラブルが起こる可能性は格段に低くなります。

特に肌が弱い人などは、値段だけではなく、こういった成分が多い商品を選んで使用するのがおすすめです。

肌が荒れにくい除毛クリームがほしいならミュゼ除毛クリームがおすすめ!

ミュゼ除毛クリーム

大豆エキスを含む8種類の天然成分が入っているため、肌トラブルが非常におきにくいです。もちろん除毛効果もばっちしです。

ミュゼ除毛クリームの詳細記事はこちら
↓↓↓

ミュゼ除毛クリームの効果

【口コミ】ミュゼコスメ除毛クリームの効果とは?VIOや脇にも使えるの?

9月 30, 2019

まとめ:チオグリコール酸カルシウムに危険性はほぼない

安心する女性

今回の記事では除毛クリームやパーマ液によく含まれるチオグリコール酸カルシウムがどんな成分なのかを解説しました。

チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を溶かす効果がありますが、それほどの危険性はありません。除毛クリームなども正しく使用すれば、肌への負担もなく、ムダ毛だけを溶かすことができます。

良くない使い方をしてしまえば、ヒリヒリしたりかゆみが出たりと肌トラブルを起こすこともあります。必ず使用前に取扱説明書を読んで、その記載どおりに使いましょう。

チオグリコール酸カルシウムは、毛の処理にはぴったりの成分です。