除毛クリームで肌荒れを起こしてしまう原因と対処方法を解説!

除毛クリームの肌荒れの原因 脱毛

除毛クリームは塗るだけで簡単にムダ毛を処理することができるとても便利な商品です。

しかしそんな除毛クリームにはムダ毛を綺麗に処理できるというメリットだけでなく、肌荒れを起こすリスクもあります。

除毛クリームで肌荒れって、ちょっと怖いですよね。この記事では除毛クリームで肌荒れが起こってしまう原因と対処方法を解説していきます。

そもそも除毛クリームってどうして毛が溶けるの?

除毛クリームの疑問

ムダ毛はタンパク質でできています。除毛クリームの中にはタンパク質に反応し、溶かすチオグリコール酸カルシウムという成分が多く含まれています。

そのため肌に塗り、数分待つだけでムダ毛を溶かし処理することができるのです。塗って待つだけで毛がなくなるなんて手軽にできていいですよね。

カミソリやシェーバーとは違い、溶かして処理するため次に生えてくる毛がチクチクしないというのが大きな特徴です。

除毛クリームは剛毛な男性でもムダ毛をキレイに処理できると最近人気があるぞ。仕上がりツルツルで気持ち良いもんね。

除毛クリームで肌荒れを起こす原因

肌荒れの原因

除毛クリームで肌荒れを起こす人って実は結構います。

ツイッターでもいっぱいいるね・・・この人たちのように除毛クリームで肌荒れをしてしまうのには原因があります。なんで肌荒れしちゃうの?をこっから紹介します。

パッチテストを行っていない

パッチテスト

パッチテストは使用する除毛クリームが自分の肌に合っているか、アレルギーがないかを見極めるための大事なテストです。

パッチテストを行わずに除毛クリームを使用してしまうと、肌に合っていなかった場合、肌荒れを起こしてしまいます。

わざわざパッチテストを行うのはめんどくさいとは思いますが、肌トラブルを防ぐためには必ず行う必要があります。やり方はとても簡単です。

  • 肌の一部に除毛クリームを塗る(10円玉くらいの量)
  • 数分程度待って、水かぬるま湯で洗い流す
  • 24時間以上たっても肌に問題がなければOK

パッチテストはこれだけで完了です。これなら簡単だね。

特に肌が弱い人は肌荒れをした時、症状がひどくなりやすいです。敏感肌、乾燥肌の人ほどパッチテストは重要になってきます。

パッチテスト後に肌がヒリヒリしたり、かぶれたりした場合は使用するのはやめておきましょう。除毛クリームが肌に合っていない可能性が高いです。

除毛クリームの使い方が間違っている

間違った使い方

除毛クリームは説明書どおりに正しい使い方で使用する必要があります。特にクリームを肌に塗ってから待つ時間には気をつけましょう。

説明書に記載されている時間以上に放置してしまうと、それだけ肌への負担が大きくなり、肌荒れを起こす可能性が高くなってしまいます。

放置する時間は除毛クリームごとに異なるため、注意が必要です。

肌が弱い人は最初は短めの時間で様子を見ると良いと思います。使用中に少しでも異常を感じたら、すぐにクリームを洗い流しましょう。

また除毛クリームは基本的に、顔(ヒゲ)やVIOラインには使えないものが多いです。必ず使用可能と書いてある部位にのみ使用しましょう。

顔やデリケートゾーンの毛を処理したいのなら必ず使えると記載されているクリームを購入しろ。

除毛クリーム使用後にアフターケアをしていない

除毛後のケア

除毛クリームでムダ毛を処理した後の肌は非常に乾燥しやすくなっています。そのため何のケアもせず、放置していると肌荒れを起こす原因となってしまいます。

ですので除毛クリームを使用したあとは、アフターシェーブローションや保湿クリームなどでしっかりアフターケアを行いましょう。

ケアに使うクリームなどは高いものでなくて大丈夫です。安いものでも保湿ができて、乾燥を防げれば十分です。ムダ毛処理後のスキンケアは肌にとってかなり重要なポイントです。

アフターシェーブローションについて詳しくは下記を参考にして見てください。
↓↓↓

NULLアフターシェーブローション

カミソリ負けから肌を守る!アフターシェーブローションひとつで肌荒れ予防

8月 13, 2019

除毛クリームの質が悪い

質の悪い除毛クリーム

そもそも除毛クリーム自体の質が悪いと肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

最近は100円ショップなどでも除毛クリームは販売されています。100円ショップなどの安い除毛クリームが悪いとは言いませんが、質がいいとは思えません。

除毛クリームは、除毛効果の高さや、保湿成分の量などをチェックしてから購入するのがおすすめです。保湿成分などが多く配合されているほど、肌に優しいため、除毛後に肌が乾燥しにくいです。

肌が弱い人は敏感肌用の除毛クリームを選ぶと、肌トラブルを防げます。使う除毛クリーム自体も慎重に選ばないといけませんね。

除毛クリームを時間を置かずに連続で使用している

連続で除毛クリームを使用する人

除毛クリームを使用した後、毛が残ってしまったとしてもすぐにまた除毛クリームを使うのはよくありません。

除毛クリームは肌へのダメージが少なからずあるため、時間を置かずに連続で使用してしまうと、肌への負担が大きく、肌荒れを起こしてしまいます。

一度除毛クリームでムダ毛を処理したのなら数日は使用を控えましょう。次の使用は数日空けて肌の状態を確認してから決めるべきです。

除毛クリームを初めて使う人とかは、毛の処理がまだらになっちゃったりすることがあります。だからって連続で使うと肌への刺激が強すぎるので避けましょう。

肌がダメージを受けている状態での使用

ダメージを受けた肌

肌に傷があったり、日焼けをしてすぐに除毛クリームを使ってしまうと、肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

日焼けは軽い火傷です。日焼けをしてから数日は空けてから使用しましょう。また傷がある部分に使用するときには傷口にクリームが付かないように注意して塗る必要があります。

傷口に除毛クリームが付くとめっちゃ痛いです。また体調が悪い時に除毛クリームを使用するのもよくありません。女性であれば生理中などに使用すると肌荒れを起こしやすいと言われています。

除毛クリーム使用後、すぐに日焼けをするのもできれば避けたいです。紫外線は肌へダメージを与えてしまいます。プールの水や海水も肌にはよくありません。

海とかに行くんだったら前日じゃなくて、数日前に使うのがよいでしょう。

除毛クリームで肌荒れを起こしたときの対処方法

肌荒れの対処法

ここまで除毛クリームで肌荒れを起こす原因と紹介しましたが、次は肌荒れが起きてしまったときの対処方法を紹介します。

除毛クリームで肌荒れした部位を冷やす

足を冷やす人

肌荒れを起こし、かゆみや痛みがある場合は氷や保冷剤などで肌荒れした部位を冷やすと多少ですが症状が緩和できます。

冷やすことで血液の循環が悪くなり、痛みやかゆみを伝える神経伝達物質が働きにくくなります。かゆみがひどいからとってかきむしるの絶対ダメです。肌荒れがひどくなり、傷ができてしまうこともあります。

傷ができると跡になっちゃうかもしれないしね。冷やして症状が落ち着いたら、化粧水や保湿クリームなどの化粧品でケアをしましょう。

使用する化粧水などはアルコールなどを含んでいない低刺激タイプのものがおすすめです。赤みだけなら数日でひくはずです。

肌荒れを起こしてかゆみや痛みがあるときは、とりあえず冷やして様子を見ましょう。

市販の薬を塗る

薬を塗った手

ドラッグストアなどで売っている軟膏などの薬を肌荒れを起こした部位に塗って様子を見ましょう。

痛みを抑えるもの、かゆみを抑えるものと薬によって効果は違うため、きちんと症状にあった専用の薬を塗りましょう。

どんな薬を選んだらいいか分からなかったら、ドラッグストアにいる薬剤師に相談してみましょう。症状にあった薬を教えてくれるはずです。市販の薬って結構効果あるよね。

皮膚科へ行く

皮膚科で診察を受ける人

痛みやかゆみの症状がひどい場合や市販の薬を塗ったのに良くならない場合は、我慢せずに皮膚科で見てもらいましょう。症状がひどいのに我慢し続けるとさらにひどくなることもあります。

皮膚科に行って診察を受ければ、すぐに炎症を抑える薬をもらえるはずです。肌荒れを起こしたらとりあえず皮膚科に行って診察を受けるのが手っ取り早いかもね。

まとめ

笑顔の人

この記事では除毛クリーム(脱毛クリーム)で肌荒れを起こす原因と、肌荒れを起こしたときの対策方法を紹介しました。

除毛クリームで肌荒れを起こさないために大切なのは

  • パッチテストをする
  • 説明書どおりに使う
  • 使用後はアフターケア
  • 除毛クリームは自分の肌に合った商品を
  • 連続で使用しない
  • 肌がダメージを受けているときは使用しない

ということです。

また肌荒れが起きてしまった時は、炎症がひどくない場合は冷やしたり、市販の薬で様子を見て、かゆみや痛みが強い場合は皮膚科を受診しましょう。

除毛クリームは正しく使用すれば、肌トラブルが起こることは少ないです。