毛を剃ると濃くなるというのは嘘?抜く処理は?真実を徹底解説!

髭を剃ると濃くなるか 脱毛

毛を剃ると濃くなるという情報は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか?

実際、カミソリやシェーバーで毛を剃って処理していたら、「濃くなってきた気がする」と感じている方も多くいると思います。

そういった方のために、この記事では毛を剃ると本当に濃くなるのかを解説していきます。

毛を剃ると濃くなるという情報に科学的根拠はない

根拠なし

毛を剃ると濃くなるかどうかについてはさまざまな意見があります。

しかし結論からいうと、毛を剃ると濃くなるといった情報に医学的根拠はありません。いわば都市伝説のようなものです。

ではなぜこういった情報がおおく出回ったのか。理由は2つあります。

理由①:剃った後の毛が濃く見えるから

濃く見える毛

毛は通常、根元から毛先にむかってだんだんと細くなっていきますが、毛を剃るという処理をすることで剃った毛の断面が太く見えます。

伸びてくる毛の断面が太く見えることで、濃くなったと感じてしまいます。実際には毛の量が増えたり、濃くなっているのではなく濃く見えるだけです。

ですが毛の断面が太くなったのを見て、「毛を剃ったせいで濃くなったんだ」と感じた人がこの情報を広めたと考えられます。

理由②:実際に濃くなっている

濃くなる毛

ムダ毛が気になり、毛を剃り始めるのは小学生や中学生などの思春期で体が成長する時期に重なります。

体の成長に合わせて体毛も、もちろん濃くなっていきます。ですので毛が濃くなってきている時期に、毛を剃り始めることで剃ったせいで濃くなったんだと勘違いをしてしまいます。

毛を剃ったせいで濃くなったのではなく、単に体の成長とともに毛も濃くなっただけなのです。毛を剃ったら濃くなってきたと感じる原因はこれが多いです。

毛を剃ると濃くなる可能性はある

毛を剃ると濃くなる可能性

毛を剃ると濃くなるという情報に医学的根拠はないとお伝えしましたが、この情報が嘘だと断言することもできません。剃ることで毛が濃くなる可能性もあります。

順天堂大学の坪井良治順教授が行った実験では、マウスの肌に1週間強い刺激を与え続けると毛が5%~10%ほど太くなったという結果が出たと発表されています。

このマウスに与えた強い刺激とは電気カミソリです。電気カミソリ程度の刺激を与えただけでマウスの毛は濃くなったのです。

実験結果から見ると、人もカミソリなどの刺激で毛が濃くなる可能性は十分あります。ですので、剃ると濃くなるという情報も嘘だと断言することはできません。

やってはいけない毛の剃り方

ダメな毛の剃り方

肌に強い刺激を与えると毛が濃くなる可能性があるとお伝えしました。カミソリなどで毛を剃る時もなるべく肌に刺激、負担のないようにすることが大切です。

肌に負担がかかるような良くない剃り方を紹介します。

カラ剃り

ボディーソープやシェービングクリームなどをつけずに毛を剃るのは肌への負担が大きくなるためよくありません。肌荒れを起こす原因にもなります。

いきなり逆剃りする

処理する毛が短い場合は逆剃りでも大きな問題はありません。しかし、毛が長い場合いきなり逆剃りをすると毛穴に大きな負担がかかってしまいます。

最初は毛の流れに合わせて剃り、剃りきれなかった毛を逆剃りしましょう。

同じ場所を何度も剃る

カミソリは刃を直接肌に当てるため必要な角質や皮脂まで削ってしまう可能性があります。

何度も同じ場所にカミソリを当てていると、より肌への負担が大きくなってしまいます。できるだけ少ないストロークで毛を剃りきりましょう。

アフターケアをしていない

毛を剃った後のアフターケアは必須です。

毛を剃る時は少なからず肌へダメージを与えてしまうので保湿クリームやローションなどで必ず肌をケアしましょう。

カミソリの質が悪い

カミソリの切れ味が悪いと肌への負担が大きくなります。切れ味が悪くなったカミソリはすぐに刃を交換をしましょう。

また保管する時は水気を切りましょう。お風呂場に保管するのは雑菌が繁殖しやすいためおすすめできません。毛を剃るときはとにかく肌への負担を減らすことが大切です。

正しい毛の剃り方

シェービング後の肌

肌への負担の少ない正しい毛のそり方を紹介します。

①肌を洗う

水かぬるま湯で肌をすすぎ不要な油分などを取り除き清潔にしましょう。

②シェービングフォームとつける

シェービングフォームやボディーソープをつけ肌へのダメージを軽減しましょう。

③優しく剃る

カミソリを強く肌に当てるのは良くありません。まずは毛の流れに合わせて剃り、残った毛を逆剃りしましょう。

④洗い流す

シェービングフォームや剃った毛を洗い流します。肌を強くこするのは厳禁です。

⑤アフターケア

保湿クリームやローションで肌をケアしましょう。毛を剃った後の肌はダメージを受けています。アフターケアは必ず行いましょう。

正しい剃り方をすれば肌へのダメージは減らせるはずです。

抜く処理で毛は濃くなる?

ピンセットで抜いたどろぼうひげ

抜くという処理方法もカミソリと同様です。抜くと濃くなるという情報に医学的根拠はありません。しかし毛を抜くときの肌への強い刺激で毛が濃くなる可能性はゼロではありません。

また抜くという処理方法には埋没毛や色素沈着といったリスクがあります。しかし、次の毛が生えてくるまで時間がかかるため処理の間隔が長いというメリットもあります。

毛を抜く処理をする際は毛の流れに合わせて抜き、必ずアフターケアをしましょう。

ブラジリアンワックスなどで毛を抜くなら、お風呂などに入って毛穴が開いた状態で行うのがおすすめです。

まとめ

すべすべ肌の男性

この記事では剃ったり、抜いたりする処理で毛が濃くなるという情報が本当なのか解説しました。

どちらの処理方法も医学的根拠はありませんが、濃くなる可能性はゼロではありません。自分で毛の処理をする際は皮膚へのダメージを極力減らすということを意識しましょう。

アフターケアも大事です。どうしても毛を薄くしたいと思うなら場合自己処理をするよりも、永久脱毛などをしてみるのが良いかもしれません。

お金はかかりますが施術が終われば、毛の悩みは全て無くすことができます。