すね毛を剃るとカミソリ負けしてかゆい!痒みの原因と対策を紹介!

すね毛を剃るとかゆくなる原因 脱毛

すね毛を剃るとカミソリ負けをして、肌がかゆくなってしまうという悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

実際、私もすね毛を含む体毛は、全てカミソリで剃るという処理をしていましたが、肌が荒れたりかゆくなったりしたことがあります。

今は対策を行い、すね毛を剃ってもかゆくなるということは、ほとんどなくなりました。

毛を剃った後、かゆくなってしまう原因と私が実際に行い、効果を感じた対策方法を紹介していきます。

すね毛を剃るとかゆくなってしまう原因は?

すね毛を剃るとかゆくなる原因

すね毛を剃ると、かゆくなってしまうという悩みを抱えているのは、あなただけではありません。他にもこの悩みを抱えている人がいます。

私自身も毎回すね毛を剃るたび、肌荒れを起こし赤いブツブツができたりして、かゆくなっていました。

かゆくなる原因てなんなの?

かゆくなってしまうのは、毛を剃る時にカミソリの刃が肌を傷付けるからです。カミソリというお手入れの方法はどうしても刃が直接肌に当たってしまいます。

そのため毛を剃ると同時に、目には見えないような細かいすり傷、切り傷がたくさんできてしまいます。

傷から菌が入り炎症を起こすため、かゆみを感じてしまうのです。ひどい場合はヒリヒリするような痛みが出ることもあります。

またカミソリは肌が傷つくだけではなく、肌を守るのに必要な皮脂や角質まで削ぎとってしまうので、乾燥しやすくなってしまいます。

これもかゆみなったり、チクチクしたりする原因のひとつです。

やってはいけないすね毛の剃り方

毛を剃った足

ダメな剃り方

  • シェービングクリームなどを何もつけずに剃っている
  • 古いカミソリを長期間使っている
  • 何度も同じ場所を剃っている
  • 処理を行った後、アフターケアをしていない

あなたは普段こんな剃り方をしてはいませんか?

このような剃り方は肌への負担が大きくなるため、かゆくなりやすいです。また傷がつく危険性があります。

すね毛だけに限らず他の部位でもいえることです。

かゆみの対策方法

かゆみの対策方法

すね毛を剃った後、肌がかゆくなる原因はカミソリの刃で傷がつくからとお伝えしました。ですので重要なのはいかに肌を傷つけずにすね毛を剃れるかということです。

カミソリですね毛を剃るとき、かゆくならないために重要なポイントを紹介します。

ポイント①シェービングフォームをつける

カミソリで処理した肌

すね毛を剃る前には、必ずシェービングフォーム・クリームをつけましょう。

シェービングフォームはカミソリの刃が直接肌に当たるのを防いでくれます。また刃が滑りやすくなるのでキレイに剃れます。

使用するのはシェービング用のフォームやクリームがベストですが、もしなければボディーソープなどでも大丈夫です。

ただシェービングクリームは毛を剃る時、肌を守るための専用の泡なのでボディーソープとはやはり違いがあります。毛を処理するならできる限り用意しておいたほうがいいです。

ボディーソープはつけないよりはマシという程度です。何もつけずに剃るのは絶対にやめましょう。

特にすね毛はもともと皮脂が少ないため何もつけずに剃ると負担が大きくなってしまいます。

また毛は水分を含むと柔らなくなるため、剃りやすくなります。そのためお風呂などで処理するのもおすすめです。

ポイント②逆剃りは残った毛だけ

毛を剃る男性

足の毛を剃るときは下から剃るのではなく、まず膝からつま先に向かって生えている毛の流れに沿って剃りましょう。

その後、剃り残しだけを逆剃りします。最初から長い毛を、毛の流れに逆らって剃ると肌への負担が大きくなってしまいます。

また刃を当てる回数はできるだけ減らすことが大事です。うまく毛が剃れていないからといってなんども力を入れて、刃を同じ箇所に当てているとカミソリ負けを起こし、かゆみの原因となってしまいます。

特に男性のほうが女性に比べて毛が濃いので気を使う必要があります。最初は毛の流れ通りに、そして残った毛だけを逆剃りです。

ポイント③アフターケアをする

すべすべ肌の男性

すね毛をそり終わったら必ず保湿クリームやローション、化粧水等でアフターケアを行いましょう。

シェービングクリームをつけたり、剃り方に気をつけてもカミソリを使う以上、肌へのダメージを完全に防ぐことはできません。多少のダメージはあります。

ですが保湿クリームなどでケアをすることで、かゆみを抑えることができます。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの肌に優しい成分が入っているボディクリームを使うと、美容効果も期待できます。

しっかりケアをしないと乾燥してかゆみがひどくなります。

ポイント④カミソリは常に清潔にし切れ味の良いものを使用する

シェービング道具

カミソリは切れ味の良い物を常に使用しましょう。切れ味が悪くなるとその分肌に当てる回数が多くなり、負担も増えます。

処理の回数が増えれば増えるほど、カミソリの切れ味ももちろん悪くなっていきます。

剃れなくなってきたと感じたら、すぐに新しいカミソリに交換しましょう。まだ使えそうとケチるのはよくないです。

またカミソリを保管する場所に注意が必要です。使用した後のカミソリはお風呂場に放置しがちですが、絶対やめましょう。

お風呂場は湿度が高いため、雑菌が繁殖しやすい状態です。またさびやすくもなります。不潔なカミソリは肌トラブルの原因になってしまいます。

使用した後は清潔にし、きちんと乾燥させましょう。月に1回くらいのペースで交換するのがおすすめだ。

かゆくなってしまった時の対処方法

アフターケアする人

剃るときに気をつけていても、かゆくなってしまうことはあります。絶対にかきむしるのはダメです。我慢しましょう。

かくと肌あれがひどくなり、毛穴が目立つようになってしまいます。また傷ができて、赤く跡が残ってしまう可能性があります。

かゆみの解決策を紹介します。

冷やす

肌を冷やす男性

科学的な根拠があるかは全くわかりません。しかし私が実際にかゆくなったとき、冷やしたら少しかゆみがマシになった気がします。

自宅で簡単にできるので試してみてください。保冷剤や塗らしたタオルなどで十分です。痒い部分を冷やすだけだから簡単ですよね。

クスリを塗る

薬

ワセリンやオロナインなどのかゆみ止めの薬を塗るのが効果的です。最近は薬の種類も多く、ムダ毛処理後の専用の塗り薬なども販売されています。

こういった薬であればカミソリ後のかゆみもすぐに改善できるはずです。市販の塗り薬が自宅にあるならそれが一番です。

皮膚科へ行く

皮膚科の医者

どうしてもかゆみが収まらない人は皮膚科へいきましょう。皮膚科で診察を受ければ症状に対応した薬が処方されます。

処方された薬を塗って、かゆみを治しましょう。医者にまかせればなんでも安心です。

まとめ

笑顔の人

今回の記事ではすね毛を剃ったあと痒くなってしまう原因と対策方法を紹介しました。

重要なのは

  • なるべく肌を傷つけずに毛を剃る
  • 剃り終わったらアフターケア
  • 使うカミソリは切れ味が良く、清潔なもの
  • かゆくなってもかきむしらない

ということです。

カミソリは短時間でムダ毛を処理できますが、どうしても肌に強い刺激を与えてしまいます。できる限り処理の頻度を減らしましょう。

毎回、自分で気を使いながら剃れば、肌荒れやかゆみはかなり抑えられるはずです。

今回説明した処理の仕方を少し意識しながらすね毛を剃ってみてください。カミソリは刃が直接肌に当たる負担の大きい処理方法ということを忘れないでくださいね。