メンズジーンズコーデと着こなしのポイント!ヴィンテージ・スキニー・色・選び方

男性であれば、誰でも持っているジーンズ。好感度も高いうえに着回しもきくことから、メンズファッションには欠かせない優秀アイテムであるといえるでしょう。

そんな定番アイテムだからこそ陥りやすいのが、ジーンズのマンネリコーデですよね。いつも同じようなジーンズコーデに変化をつけたいと考える人も多くいます。

頑張りすぎずに個性を出せる?
量産的な着こなしから抜け出せる?

そこで今回は、メンズジーンズコーデの着こなしポイントを紹介します。自由度の高さを活かして、周囲と差を出すジーンズコーデを完成させてくださいね。

メンズジーンズの種類

スキニージーンズ

メンズジーンズの中でも人気の定番アイテムであるのが、スキニージーンズです。身体のラインにピッタリフィットしたシルエットが特徴となります。

最近はメンズファッションも細身が主流となってきました。どんなトップスにも合わせやすく、着回し抜群のジーンズです。

ショップによっては、スリムジーンズと表記されていることもあります。スキニージーンズとスリムジーンズの境界線はなく、ほぼ同様のものと思って良いでしょう。

ストレートジーンズ

スタンダードな直線的なシルエットのジーンズです。流行に左右されることがないので、長く着回すことができるでしょう。最近は細身のストレートジーンズが増えています。

シンプルであることで、おしゃれに着こなすのは難易度が高いです。かっちりとしたアイテムをトップスに持ってくることで全体のバランスが取れるでしょう。

ワイドジーンズ

全体的に幅が広く、ゆったりとしたシルエットのジーンズです。もともとカジュアルなジーンズにリラックス感を加えたことで、最大のラフさを引き出すことができます。

ただワイドジーンズは、スタイルが悪く見えたり、だらしない印象を与えてしまいます。ジーンズの中でも着こなしは一番難しいです。

ワイドジーンズを着用するときは、できるだけトップスをタイトにしてメリハリをつけてください。全体で引き締めることができればスタイリッシュなコーデとなります。

テーパードジーンズ

テーパードジーンズは、裾に向かって細くなっているパンツです。すっきりと着こなすことができてスタイルアップ効果もあるので、人気急増中のトレンドアイテムになっています。

スキニージーンズに抵抗がある人でも。腰回りはゆったりしているので無理なくはけます。トップスがショート丈でもロング丈でも、また大きめでもタイトでも着こなしやすいでしょう。

ダメージジーンズ

ダメージジーンズとは、太ももやひざにダメージ加工されたジーンズです。ダメージやクラッシュなどの加工や、何度も洗ったりリペアを施したりすることもあります。

独特でこなれたコーデが完成し、またワイルドで男らしいイメージも出るでしょう。上手に着こなせばおしゃさが際立ちますが、失敗するとだらしない印象が強くなるので注意が必要です。

ヴィンテージジーンズ

ヴィンテージジーンズとは、1960年代までに発売された名作ジーンズのことです。特徴としては縦に色落ちしている点があげられます。

最近のジーンズは品質が向上しているために色落ちしにくくなっているのです。そのため履きこむことででき上がる白い色落ち線は、ヴィンテージならではのものといえるでしょう。

職人の手で生産された希少価値のあるヴィンテージは独特の雰囲気があります。現在では出せない色味やディティールに惚れ込んでいる男性も多いのです。

リジットジーンズ

リジットジーンズとは、洗っていない状態で出荷されたジーンズのことです。ノンウォッシュ・生デニムと呼ばれることもあります。

通常のジーンズは縮まないように加工され、色も抜かれた状態で出荷されるものです。そのため購入後に洗濯を繰り返しても、色や形に大きな変化はありません。

しかしリジットジーンズは未洗いなので、洗濯すると色落ちしてしまいます。さらに防縮加工もされていないため、数センチ縮んでしまうのです。

洗濯を繰り返すことで、自分の身体に馴染みながら、自分の色を作り上げていくことができます。世界に一つのジーンズになるのが、リジットジーンズの魅力です。

メンズジーンズの色

濃いめの青

ジーンズの中で一番ポピュラーな色といえば、インディゴの濃いめの青です。これは男女ともに人気のあるジーンズの代表色であるといえるでしょう。

青が濃いほどに、ジーンズをカジュアルからフォーマルよりにしてくれます。また上品で落ち着いた大人の印象も出すことができる色です。

とくにメンズファッションはカジュアルなものが多くあります。そのため濃いめの青のジーンズを持っていると、コーデにも万能に使うことができるでしょう。

薄いめの青

薄めの青は、よりデニムらしいカジュアルな装いになります。リラックスしたラフ感を出したいときや、若々しさを押し出したいときには、薄めの青が良いでしょう。

ただフォーマルなシーンには向かずに、また子供っぽい雰囲気が出てしまいます。組み合わせるアイテムでバランスを取る必要があるので、上級者向けの色です。

白のジーンズは、さわやかでスタイリッシュに見えます。一方で、メンズファッションの場合は着こなしの難易度がとても高いアイテムです。

ファッションの基本は、暗い色を下に、そして明るい色を上にします。そうすると全体に安定感やまとまりが出るのです。

白のジーンズの場合は、トップスを黒やネイビーなど暗い色にします。コーデそのものは間違っていないのですが、ファッションルールが逆さになることで安定感がなくなるのです。

自然と見る人がバランスの悪さを感じるでしょう。小物アイテムなどで上手にバランスを取りながら、おしゃれに着こなすテクニックが必要です。

黒のジーンズは、カジュアル感が出ないのでシーンを選ばずに着やすい色です。どんなトップスとも相性がよく、ジーンズであるだけで自然とドレスダウンしてくれる効果もあります。

かっちりして見えるのに、砕けすぎていないところが黒ジーンズの良いところです。初心者や1本持ちするのであれば、まず黒ジーンズを手に入れることがおすすめでしょう。

ドレスダウン:フォーマルコーデにカジュアルさを加えて着崩したスタイル

メンズジーンズおしゃれに見えるポイント

シンプルさが重要

メンズジーンズは種類も多く、デザインやディティールにこだわっているものも多いです。しかし装飾が多いジーンズは、着こなしが難しくなってしまいます。

ダメージや刺繍や柄入りといったジーンズは避け、シンプルなジーンズを選びましょう。個性を出したいときには、ジーンズ以外で取り入れてください。

そもそもファッションは、シンプルなほどフォーマルな印象を与えます。装飾が増えるにつれてカジュアル感が強くなるのが定義です。

ジーンズは、アイテム単体でもカジュアルなので、シンプルに着ることでおしゃれに見えます。自然でさり気なく、シンプルなジーンズを選びましょう。

覚えておきたいファッション用語

ディティール:全体に対する細かい部分

細身ですっきり見せる

ジーンズをおしゃれに着こなすには、細身のものを選ぶことが重要です。細身であるほどにフォーマルできれいな印象を与えることができます。

ワイドジーンズなどの大きめなジーンズは男らしくワイルドです。しかしコーデが難しく、子供っぽさや野暮ったさを感じてしまうでしょう。

おしゃれにスマートに着こなすためにも、スキニー・スリムなどの細身ジーンズを選んでください。それだけでも清潔感のあるきれいめコーデになるのです。

丈感を意識する

メンズジーンズは、丈の長さが重要です。どんなにシルエットがきれいなジーンズでも長すぎたり、中途半端に短いだけでダサくなります。

よくメンズのジーンズの着こなしで見かけるのは、裾にクッションができている男性です。クッションとは、裾が長いことでひざ下にシワができている状態のことをいいます。

クッションができないようにロールアップするのがおすすめです。裾を細く2~3回まくり上げて、足首を見せるようにしましょう。

それだけでこなれた感じを出すことができ、スタイルアップ効果もあります。ジーンズを自分らしくおしゃれに着こなすことができるのです。

また最初からアンクル丈のジーンズを購入してもおしゃれです。必ず試着をして丈感を意識することを忘れないでください。

覚えておきたいファッション用語

アンクル丈:足首までの9分丈

トップスとの組み合わせを考える

ジーンズをおしゃれに見せるポイントは、トップスとの組み合わせにかかっています。ジーンズは基本的にはどんなトップスでも合うものなので、なりたい自分をイメージしてコーデしましょう。

カジュアルな抜け感を出したいのであれば、大きめでシンプルなTシャツやニットがおすすめです。きれいめに見せるのであれば、カットソーやカーディガンを合わせましょう。

ジーンズはシンプルなものを選び、トップスで色・柄・シルエットを冒険します。トップスであれば変化を出しやすいので、ジーンズは固定してトップスでイメージを変えてみてください。

覚えておきたいファッション用語

  • 抜け感:ナチュラルな着こなしのこと。肩の力が抜けた着崩しスタイル
  • カットソー:ニット製の上着のこと。Tシャツやポロイシャツなどの総称

小物を上手に取り入れる

ジーンズはできるだけシンプルであるのが着こなしの鉄則です。しかし全体的にシンプルすぎる場合には、小物アイテムで個性を出してみてください。

ジーンズであれば、キャップ帽もニット帽もマッチします。また靴の種類や色によっても印象が大きく変わってくるでしょう。

またバッグの種類だけでもカジュアル感やフォーマル感が変わります。ジーパンを他のアイテムで彩るように考えるとおしゃれになるのです。

メンズジーンズの選び方

自分の体型を正確に把握する

ジーンズは自分の体型に合ったものを選ぶことが最重要です。大きすぎず小さすぎず、適したジーンズを選ぶためにも体型を正確に把握することから始めましょう。

一般的にショップではS/M/Lなどのサイズで売られています。しかしブランドによっては同じサイズでも長さが異なることも多いので、細かいサイズ表記を確認してください。

ポイントとなるのは、

  • ウエスト(お腹回り)
  • 股上(ウエストから股部分)
  • 股下(股部分から裾)
  • わたり幅(股下からの片足幅)
  • 裾幅(裾回り)

の5つです。

ショップによっては、細かく計測してくれるところもあります。ジーンズを買うとき、これらのサイズはとても重要となりますので自分の体型に合ったものを選んでください。

シルエットを選ぶ

ジーンズの種類でも紹介したように、ジーンズにはいくつかのシルエットが存在します。ファッション系統やスタイルによっても異なりますが、絶対に持っておくべきジーンズを押さえておきましょう。

まずは定番の『ストレートジーンズ』です。メンズジーンズの鉄板シルエットなので、1本あれば着回ししやすくて重宝します。

ストレートジーンズを購入するときは、少し奮発して高価なものを長く着用するのもおすすめです。ジーンズは着るたびに自分の身体に馴染むので、きれいに着こなすことができます。

もう1本は、『スキニージーンズ』です。細身タイプのシルエットなので、スタイルが良く見えます。またきれいめ感が強くなるので、少しフォーマルな場所でも着ていくことが可能でしょう。

男性の中にも足にコンプレックスを抱える人は多いですよね。短い・太いなど、悩みを解決してくれるのもスキニージーンズのメリットとなります。

色・質を考える

ジーンズといえば濃紺のイメージが強いですが、先に紹介したようにいくつかの色があります。自分の好きな色やファッションスタイルに応じて色を選ぶことも重要です。

着回し力やウケを考えるのであれば、やはり濃いめの青が一番でしょう。カジュアルにもフォーマルにも変身でき、また大人な雰囲気を出してくれます。

薄くなるほどにカジュアルさや幼さが増していくので、2本目以降は好みに応じて挑戦するのも良いです。黒のジーンズもきれいめにはけるので重宝します。

もう1つ選ぶ基準の中に、『質』を重視してください。これはジーンズの色落ちの仕組みに関係します。ジーンズの種類で紹介した『リジット』や『ダメージ』などとなります。

自分でジーンズを育てていきたい人は、リジットジーンズが良いでしょう。着て洗うことで、どんどん自分らしい味が出てきます。

初心者や気軽にはきたい人は、ダメージジーンズやヴィンテージジーンズが良いです。ダメージ加工にも好みがあるので、自然に見えるものを選んでください。

コンプレックスはある?

身長が低い(足が短い)人

もし身長の低さを気にしている場合は、ワイドパンツは避けてください。おすすめはスキニージーンズです。スキニージーンズは、スタイルアップ効果があります。

ワイドは、全体のバランスを取るのが難しいジーンズです。そのため余計に身長を低く見せてしまい、バランス悪さが際立ってしまいます。

トップスに余裕を持たせて、ボトムスは黒のスキニージーンズにすると目線が上にいきます。それだけでも背を高く見せる効果があるのです。

身長が高い(足が長い)人

身長が高いのはコンプレックスですが、だからといって何でも似合うわけでもありません。足が長い人の場合、スキニージーンズをはくと中性的な印象が強くなるのです。

そのためストレートジーンズ・ワイドジーンズなどを選んでください。また足の長さを活かしてテーパードジーンズをはくのもおすすめです。

お腹が出ている

男性の中には体型は細身なのにウエストサイズだけボリュームがある人も多いです。そうするとウエストサイズと足回りのサイズに差が出てしまいます。

ウエストに合わせてジーンズを買うと、足部分には余裕が出てしまうので、だらしなく見えてしまうでしょう。これではジーンズを着こなすことはできません。

お腹が出ている人は、股上が浅いジーンズがおすすめです。股上が浅いものは、お腹を圧迫しないので足に合わせたサイズではくことができます。

体型の比率が悪いときには、そのサイズ感に合うタイプのジーンズを上手に着こなしてください。コンプレックスを解消できるようにはきましょう。

メンズジーンズ着こなし定番コーデ

シャツ×テーパードジーンズ×スリッポン

年代を問わずにおしゃれに着こなせるのが、シャツ×テーパードジーンズのスタイルです。シャツは無地でもチェック柄でも良いですが、前ボタンは閉めてスッキリ見せてください。

テーパードジーンズは定番の濃紺ジーンズにして、足元をスリッポンにすることでラフさが増します。きれいに見えるのに崩している部分もあるおしゃれコーデです。

カットソー×カーディガン×スキニージーンズ×スニーカー

この組み合わせは万人ウケするので、デートにも使えるコーデです。ジーンズは濃紺のスキニージーンズ。合わせるのもシンプルなカットソーとカーディガンです。

全体的にすっきりしていてまとまりがあります。そして清潔感やきれいさがありつつも、ジーンズであることでリラックスした印象も出るのです。

少しジーンズの裾をロールアップしてスニーカーを履くとこなれた印象も出ます。年代や見た目に関係なく着こなしやすいジーンズコーデです。

覚えておきたいファッション用語

  • カットソー:ニット製の上着のこと。Tシャツやポロイシャツなどの総称
  • ロールアップ:裾を巻き上げた状態

ポロシャツ×アンクル丈ジーンズ×スニーカー

とてもシンプルに着こなすことができるジーンズコーデです。ポロシャツは黒やネイビーにして、ジーンズは濃紺にして大人の落ち着きを演出します。

ポイントにアンクル丈×白のスニーカーで足元に抜け感を出しましょう。これだけでもポロシャツのおじさんスタイルと差をつけたおしゃれコーデになるのです。

カットソー×ダメージジーンズ×スニーカー

ジーンズのこなれ感を出すのであれば、ダメージジーンズがおすすめです。少し明るめの青にすると、若々しい印象になるでしょう。

ジーンズはカジュアルで遊び心があるので、トップスは落ち着いた色味のシンプルなものにします。足元は白のスニーカーで合わせてください。

ダメージ加工がジーンズの上級者に見せてくれる候があります。重たく感じるときには、少しロールアップさせると良いでしょう。

カットソー×黒ジーンズ×スニーカー

黒のジーンズは上品な落ち着きを与えてくれます。このときスニーカーは足元が浮かないように同系色の黒かネイビーを合わせてください。

下が暗めですので、合わせるカットソーは白など明るい色にしましょう。シンプルなきれいめスタイルですので、女子ウケ抜群となります。カーディガンを組み合わせるのもおすすめコーデです。

おすすめメンズジーンズブランド

LEVI`S(リーバイス)

LeVIS

ジーンズといえば、リーバイスといえるほど代表的ブランドです。リーバイスは、1853年にアメリカで誕生したブランドで、名作だらけであることで根強いファンも多くいます。

永世定番のモデルとえば『501』『505』ですよね。長年途絶えることなく愛され続けるモデルやヴィンテージとしても価値のあるものばかりがあります。

1本10万円前後と高値のジーンズですが、色も形も完璧に考慮されたジーンズです。長く愛用していくジーンズが欲しいときは、リーバイスなら間違いないでしょう。

LEE(リー)

リーバイスに匹敵するジーンズブランドといえば、1889年にアメリカで創業したリーです。日本ではエドウィンが販売を手掛けています。

リーの魅力といえば、美しい縦の色落ちです。ヴィンテージのような縦落ち感が秀逸であることで、多くの人に愛され続けています。

またリーは、歴史があり普遍的なデザインがベースです。しかし時代に合わせてアップデートしているので、古い印象を与えないのも特徴となります。

リーバイスと比較すると価格も安くなるので、若い人でも手に入れやすいでしょう。1本1万円ほどでも購入できるのでおすすめです。

Wrangler(ラングラー)

リーバイスやリーに続くデニム界の老舗といえば、ラングラーです。1972年に日本に上陸してから、現在も老若男女問わずに支持され続けています。

ラングラーは、機能的な造りであるのが魅力です。素材にもディティールにもこだわっています。またジーンズ単体ではなく、ファッション性を意識したシルエットです。

まとめ

メンズジーンズには多種多様なものがあり、それぞれのシーンやスタイルによって選ぶ必要があります。男性にとってジーンズはファッションに欠かせないアイテムです。

まずは自分らしい1本を持つことで、着こなしにも自信が出るでしょう。1本を自分のものにできたら、少しテイストの異なるジーンズに挑戦してみてください。

奥深いジーンズは、男性にとって飽きることのないファッションです。何歳になっても自分らしくジーンズを着こなす男性でいてくださいね。